FC2ブログ

北風と太陽

『北風と太陽』の童話は昔誰もが読んだり、読み聞かされたことがあるでしょう…
これを読んでどう感じましたか?
北風と太陽の単なる勝負のお話でしょうか?…

今日もいいお話を聞きました。

子育てに例えると、北風は叱ること、太陽は誉めること…
いつも太陽のような気持ちで接していることで、自分からマントを脱ごうとする…自分で気づき、行動するようになる…北風のように接していると抵抗しマントが飛んでいかないようにする…自分の意志で脱いだのではなく、力で脱がされている…
太陽のようにいつも暖かな気持ちでいると、いつか必ず気持ちが伝わる…
マントを脱ぐという結果は同じでも過程が全く違う…
プラスのエネルギーで行動したのか、マイナスのエネルギーで行動したのか…自然とやるのか、やらされてるのか…

色んな場面でもこの童話は例えられると言う…
夫婦だったり、恋人同士だったり、仕事だったり、友達だったり…

とても深い意味を持つ童話であり、考えさせられる童話であることを43歳になって知った…

いつも温かい気持ちで居られればいいのですが、やっぱりまだまだ自分自身未熟さを感じます。
まずは自分が変わることから始めないといけないと感じました。
急がば回れ…か…

まだまだ修行は続きます…
死ぬまで修行!…ですね…

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
宮下治美 おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード