FC2ブログ

ある治療日

↓↓クリック↓↓
ランキングバナー




毎週木曜日
抗がん剤の治療に通っています。
待合室には、もう何人もの方がいました。

今日は、30人近い方が治療にくるそうです。
いったい、どれだけの人ががんと向き合っているのだろう

いつも待合室では、たわいもない話をして過ごしていますが
今回は、前回お会いした時に、言われた言葉が気になっていた方とお話をしました。

その方はもう8年もがんと向き合っているそうです。
私の顔を見て、今日も「輝いていていいわね」そう言いました。
どんな気持ちで言っているんだろう・・・。

急に知りたくなり、お話を聞きました。
病気になった時彼女は、とてものん気に「こんなものなんだ・・」と
感じて過ごしていたそうです。
がんという大きな病気なのに・・。
その後、再発してしまい
私より少し前に信大へとセカンドオピニオンの後移って来ました。
その頃の彼女は治療をしながらも、フィットネスで汗を流し、サウナにも入り
身体を動かし「健康な人と同じ生活をしていたの」と言っていました。

それが、、、転移により薬を変えなくてはいけなくなり
それからは、今まで出来ていた事が出来なくなってしまったそうです。
病気でいながらも、健康な人と変わらない生活が出来ていた事が
彼女の生きる自信であったのに・・・。
それが全く出来なくなってしまった・・・。
そして苦しい治療の効果もよくない。。。

なんて声をかけてあげられるだろうか・・・・?

フィットネスで汗を流していた自分を理想とすれば・・・今は何も出来ない状態
このギャップが彼女の抱えている苦しみなのですね。
ギャップが大きすぎます。

「輝いていていいわね」の言葉には
私の中に、かつての自分の姿を見ているのだと感じました。
彼女に何もしてあげられない私は
「辛くても、ここに通って来れる事がいいですね」と
声をかけました。
何も「出来ない」と言いながらも負けずに通って来ている彼女を
輝いていると思いました。

彼女は言いました。
「そうなの、ここに来る事が今ははりあいよ」^^
病気がわかった時からたくさんの告知をされ
「もう何を言われても恐くないわ」と素敵な笑顔で言います。
自分が変わってしまう事が一番恐いんですね。

診察の順番がきて、「なんだか話せてすっきりしたわ」と
診察室に入っていきました。
私も何だか嬉しくなりました。
いつまでも一緒に治療ができますように・・・。

どんな時も気持ちだけは負けないでいよう・・。








コメントの投稿

非公開コメント

すごいよ、はる
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
宮下治美 おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード