空白の時間。そして成長・・・

↓↓クリック↓↓
ランキングバナー



昨日、娘の卒園式がありました。

今までほとんど保育園の行事に参加したことがなかったのですが
最後なので一日休みをとって見に行ってきました。

思い起こせば、生後6ヶ月の検診で股関節脱臼 の疑いと言われ、県立子供病院
を紹介され、それから3ヶ月間、全身にギブスをはめられお風呂に入れる時、寝るとき
もギブスをはめたまま過ごした時期。

3歳になった頃、嫁がパートで仕事に復帰したため一時保育で今の保育園に預ける
ことになりましたが、最初は泣いて泣いて大変だったそうです。
仕事が遅くなり夕方5時ごろ迎えに行くこともしばしばあり、その時は、目にいっぱい
涙をためママが迎えに来るのをひたすら待っていたそうです。

そんな彼女が昨日、はれて卒園することができました。

股関節脱臼の検診も昨年12月に終わり、あんなに泣き虫だった彼女が4月からは
一年生になります。
昨年の9月に私たちは引越しをしたため、4月からは今の保育園のお友達が一人もいない
小学校への入学となります。  親としてはなじめるか少し心配なのですが・・・。

でも彼女は私に言ったのです。

「新しいお友達をいっぱい作る!」って。

あんなに泣き虫で、人見知りの激しかった子がいつの間にこんなに成長したのか・・・。
卒園証書をもらうときに、あんなに大きな声がでるとは・・・。
本当にこの6年で彼女は成長したなぁと思いました。
彼女は彼女なりに、今、自分のすること、出来ることを無意識にしてるんでしょうね・・・。

ちょうどサービスショップをオープンしたのが彼女が生まれた年。
私自身、改めて振り返ってどうだったのか?

まだまだ彼女の成長には追いつけないのですが(年の差もあるのですが)
自分の役割は何なのか?を
改めて考えさせられる一日となりました。




追伸 : 明日、宮下が2回目の手術をします。

     今自分が出来ることは・・・
      祈るだけかなぁ・・・


     「早く一緒に仕事しよ~な」って。

     だから早く戻ってきてね~。
     





今の自分があるのは・・・

↓↓クリック↓↓
ランキングバナー



今日、9年ぶりにあるお客さんに合いました。

当時、代理店を始めたばかりの私は、新規開拓(飛び込み営業)をしていかなければ
収入源となるコミッションを手にすることが出来ないと思い、毎日地元から少し離れた地域を開拓
しようと、飛び込み営業をしていました。
(自分はまだその頃未熟で、飛び込み営業しか頭になかったんでしょうね・・・

そんなある日、午後一番に飛び込みをした先で、当時30代後半の奥さんとお話をする
事が出来ました。彼女は、まだまだ未熟な私の話に耳を傾け、後日、ご夫婦で貴重な
時間をとっていただき、その後ご契約いただきました。

今日お会いした方が、9年前にご契約いただいたそのお客さまでした。

15:00
アポイント

9年前と変わらない玄関。 ドアホンを押した。  『ピンポーン』  
 
数秒の時間差でドアが開いた。

「お久しぶり。変わらないね。」

9年前に一度しか会っていないのに、私のことを覚えていてくれたのです。
しかも、1年半程伊那店に行っていたことがあったのですが、そのことも知っていたのです。
(全くご無沙汰だったのに・・・)

当時、私は個人代理店として営業しておりました。
しかし今では、チームとしてきちんとそれぞれの役割を果たしているなぁ、と実感しました。

今日そのお客様とアポイントをとってくれた「スタッフ」、私が連絡をしてない間フォローを
し続けていてくれた統括店長には本当に頭が下がります。

今日改めて思いました、今の自分があるのはお客様のおかげ、また、個人代理店としては
出来ないチームのおかげだとつくづく思いました。


もし、これから営業の道へ進もうとしている方へ・・・。

お客様の将来に必ず責任を持ってください。
そして、よいパートナーと仕事をしてください。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

安易な見直し

↓↓クリック↓↓
ランキングバナー



夕方6時過ぎ突然の来店。
50代後半の女性。

「解約手続きお願いします。」と、入って来るやいきなり私に言いました。

解約したいのならしょうがないと思い、手続きをしました。
その女性は、解約を阻止でもされると思っていたのでしょうか・・・、あっさり私が
手続きを終わらせると、来店された時の表情とは全く違う柔らかな表情になりました。

それでも、60歳を前にして保険を辞めてしまうのは私としても心配だったので
最後に理由だけお聞きしました。
「○○共済と、テレビでやってる月々2800円ってのに入ったから」と、
当たり前のように言ってきたのです。

私は焦り、その女性に今後どんなときに保険が必要なのか?を尋ねると、
「子供も皆独立したから亡くなってからのことはいいけど、入院したときが心配ね。
だから夫婦ともに一生保障があれば安心ね!それに、今回加入したのは保険料も
安いし!」

なんて安易な考え方なんだ・・・!
その女性の保険に加入する目的に合っていたのは保険料だけ。

そこから私はその女性にたいして、『保険とは何ぞや!』を
永遠話をさせていただきました。

結果、その女性は解約することをやめ、新たに追加で保険を加入されました。

その女性には少し言い過ぎてしまったかもしれませんが、ただ私たちは
人にどう思われようが

『正しい情報をお伝えする事』 が仕事なのです・・・。

免疫力UP

↓↓クリック↓↓
ランキングバナー



突然ですが、最近笑ってますか?
ニヤニヤ ではなく腹の底から・・・です。

人は笑うことにより免疫力が上がると言われます。
免疫力が上がることにより、外部より進入してくる悪いバイキンから身を守ることも出来るそうです。
 


2008年元旦  (衝撃の免疫力増強剤) AM9:00 家族で実家に行き新年の挨拶。 昨日(大晦日)も飲みすぎたし、お酒は・・・、って言っても注がれれば飲んでしまう悪い癖 正月だからネ!と自分に言い聞かせ グビ  グビ  ・・・。 ほろ酔いのまま昼過ぎに帰宅。

夜は毎年恒例の新年会もあるしテレビでも見て少し休もう・・・と電源ON次の瞬間、私の目に飛び込んできたのは・・・ 「1、2、34、5、6・・・」と、数字を1~40まで数える芸なのですが、3の付く数字と3の倍数のときだけアホになるという、なんともあらけずりな芸でした。

時間的には十数秒でしたが、そのシンプルさとアホさ加減に胃袋が引きちぎられるのではないかという勢いで笑い転げてしまいましたまた、そんな私を見ていた相方(長女6歳)も、笑わずにはいられなかったようです。

そんな私を一瞬にとりこにしたのは・・・ そう

『世界のナベアツ
衝撃の免疫力増強剤だったのです。

それから私は、この笑いの余韻にひたりながら一週間分の免疫力を身につけ、言うまでもなく元旦の静かな街へと消えて行きました・・・。


2週間後
免疫力低下によりあえなくインフルエンザでダウン

最近インフルエンザが流行っているようです。
皆さんも免疫力を高め、さむ~い冬を乗り切ってください。

最近では「世界のナベアツ」ネタ、『T-BOLANを知らない子供達』で免疫力を高めています。
(同じ世代のひとはマジ、笑えます)





テーマ : 日記
ジャンル : 日記

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
宮下治美 おすすめリンク
ブログ内検索
RSSフィード